映画に感謝を捧ぐ! 「マライの虎」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回は古賀聖人監督の「マライの虎」に

 感謝を捧げようと思います。


マライの虎 [DVD]
コスモコンテンツ
2011-02-14

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 「マレーの虎」の異名を持つ盗賊

 谷豊の生涯をもとにして作られた本作は

 軽量でありながらも先見性&戦術性に溢れた実話系戦争映画であります。

 西部劇&時代劇の流れを汲む復讐劇に

 「日本軍礼賛&連合軍批判」を挿入したストーリーと

 後年のMTVに通じる映像&音楽技法が一体となる光景は

 私に「軍事宣伝戦術と娯楽的サービス精神の共同戦線」と

 「和洋折衷系ストーリー&アクション」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「説明台詞」によるストーリー展開の効率化&宣伝要素の補強術と

 日本軍の勇姿をアピールしつつ「安易なハッピー・エンド」にしない

 渋味の利いた幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「和製戦意高揚活劇」の一翼を担う
 
 作品であると言えるでしょう。

 アウトロー風味と自国本位精神を均整を保ちつつ
 
 東西映画文化を融合させた映像技&作劇法によって

 後年のTVドラマ「怪傑ハリマオ」に通じる道を切り開いた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「マライの虎」 " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント