映画に感謝を捧ぐ! 「悪魔のゾンビ天国」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はペリクレス・レウニス監督の

 「悪魔のゾンビ天国」に感謝を捧げようと思います。


悪魔のゾンビ天国 [DVD]
DARK RABBIT
2009-04-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 アメリカ南部の山奥で発生したゾンビ騒動を描いた本作は

 悪食性とブラック・ユーモア性の極限を目指して歩んでいく

 ゾンビ映画であります。

 出たとこ勝負感満載のストーリー

 残酷趣味&安物感に彩られたゾンビ造形&人体破壊描写

 軽量級ホラーの法則に則したキャラクター造形

 素朴極まる風景が一体となって

 「アメリカ南部の白人庶民」に対する皮肉を放つ光景は

 私に、ゾンビ映画ならではの「倹約的スケール感」

 「アメリカ南部に対するイメージ」のホラー映画的活用法

 残虐性と滑稽さを結ぶ絆の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ゾンビ化した地元住民たちの和やかな空気と

 精神崩壊感溢れるヒロイン&友人の姿が

 都会と山村についての一考察を示している点も

 見逃せません。)

 まさに「残虐風刺系ホラー」の究極形態に迫る

 極大怪作であると言えるでしょう。

 アメリカ小規模映画界に名を轟かせる怪物「トロマ」の持ち味

 1970~80年代ホラー文化

 原題のメッセージ性よりも「便乗戦術&日本人向けインパクト」を重んじる

 邦題戦術が荒れ狂う本作と 

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「悪魔のゾンビ天国」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント