映画に感謝を捧ぐ! 「最後の一人」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョン・フォード監督の「最後の一人」に

 感謝を捧げようと思います。


戦争映画パーフェクトコレクション 栄光の軍旗 DVD10枚組 ACC-134
コスミック出版
2018-09-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



潜水艦「S13号」と乗組員たちの運命を描いた本作は

 二つの転換期が交錯する戦争映画であります。

 トーキーとサイレントが入り交じった表現法と

 極限状態の人間心理、男の勇敢さ&滑稽さ

 娯楽的スリル&サスペンスが融合したストーリーが一体となる光景は

 私に、登場人物の運命と映画史の転機が交錯する現象と

 「西部劇風味と戦争映画風味のせめぎ合い」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (男気の勝利を示したハッピー・エンドと

 愛する存在のために犠牲となった男の悲劇を兼ね備えた

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「空間限定型戦争映画」の偉大なる一歩となる

 作品であると言えるでしょう。

 娯楽的サービス精神&J・フォード流男魂を保ちつつ

 潜水艦&軍隊という精神+物理的閉鎖世界での

 人間心理に迫ることによって

 後年の戦争映画に対する「道しるべ」の一つとなった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

"映画に感謝を捧ぐ! 「最後の一人」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント