映画に感謝を捧ぐ! 「HOLE ホール(2005年版)」  

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はカルロス・マルティン・フェレーラ監督の

 「HOLE ホール(2005年版)」に感謝を捧げようと思います。


HOLE ホール [DVD]
アット・エンタテインメント
2007-04-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 井戸に閉じ込められた男と

 彼を監視する男2人の運命を描いた本作は

 執念と工夫に彩られた閉鎖系サスペンスであります。

 「舞台の大半が井戸の中」、「登場人物数3人」という

 「登場人物&場所に関する説明を避ける」という

 過酷な設定の中で

 娯楽的スリル&サスペンスを維持するため

 舞台劇風味溢れる音楽、技巧的な映像表現

 各種トラブル要素誘発の限りを尽くす

 スタッフ陣の勇姿は

 私に「物理的制約の中で知略&技術を駆使する」醍醐味

 「理解不能な状況」がもたらす魅惑&恐怖

 節約主義と思わせぶり主義の共同戦線の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。 

 (冷徹なる豪快さで鑑賞者を突き放す幕切れを通じて
 
 「生還=ハッピー・エンド」の法則に反逆する

 過激作であるという点も見逃せません。)

 まさに「精神迷宮系サスペンス」の一翼を担う

 軽量級作品であると言えるでしょう。

 抽象化&省力主義的なストーリー&演出によって

 鑑賞者と主人公が「未知の空間に捕らわれる苦悩&混乱」を

 共有する現象を生成する事に挑んだ本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

"映画に感謝を捧ぐ! 「HOLE ホール(2005年版)」  " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント