映画に感謝を捧ぐ! 「タンピコの罠」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はロタール・メンデス監督の「タンピコの罠」に

 感謝を捧げようと思います。





 アメリカ海軍に所属するタンカーの船長「バート・マンソン」と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 軽量にして貪欲な戦争映画であります。

 暇つぶし映画規模の枠内において

 軍事アクション・スパイサスペンス

 ロマンスが絡み合うストーリー&演出は

 私に「アメリカ軍礼賛精神と娯楽的サービス精神の共同戦線」と

 「複数ジャンルによる奇襲攻撃」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (アクション映画と恋愛映画のハッピー・エンドを

 両立させた決着→幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「ジャンル融合型戦争映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 様々な方向へと二転三転する人間模様&作戦を

 壮絶なまでの効率性で描写した本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

" 映画に感謝を捧ぐ! 「タンピコの罠」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント