映画に感謝を捧ぐ! 「アイ・オブ・ザ・デッド」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はベン・サミュエルズ監督・出演の「アイ・オブ・ザ・デッド」に

 感謝を捧げようと思います。


アイ・オブ・ザ・デッド [DVD]
Happinet
2019-02-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 農場で発生したゾンビ騒動に立ち向かう

 人々の運命を描いた本作は

 スケール感抑制の極限に挑むゾンビ映画であります。

 「主人公目線の世界」に徹し続けるストーリー&映像と

 ゾンビ映画の定番に忠実な残酷描写が

 融合する事によって生じる科学反応は

 私に「主人公が抱える恐怖&苦痛」を鑑賞者に共有させる技法と

 ゾンビ映画における「情報管制」の重要性を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (新たなる「ゾンビ」を通じて人間の暗部を写し出す幕切れと

 なっている点も見逃せません。)

 まさに「ホームビデオ系ゾンビ映画」史上屈指の

 挑戦作であると言えるでしょう。

 ゾンビ映画と疑似実録映画の手法を組み合わせ

 「ゾンビ化していく」人間の視線&精神に向き合う事によって生を受けた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

"映画に感謝を捧ぐ! 「アイ・オブ・ザ・デッド」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント