映画に感謝を捧ぐ! 「巨盗団全滅」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はD・ロス・レダーマン監督の「巨盗団全滅」に
 
 感謝を捧げようと思います。





 奪われた牧場を取り戻すために旅立った男

 「ティム・クラーク」の運命を描いた本作は

 豪快にして謙虚な軽量級西部劇であります。

 説明台詞の活用、段取り描写の簡略化

 スケール感の抑制によって

 見せ場主義と効率主義を徹底追求したストーリー&演出は

 私に「娯楽西部劇」の持ち味を厳選し、抽出する技法と

 「謎の提示と解明」を能率的&活劇的に行う作劇法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (西部劇アクション、少年漫画的キャラクター性

 ラブ・コメディ風味が絡み合う決着→幕切れとなっている点も

 見逃せません。)

 まさに「アクション重視系西部劇」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 論理性&物語性の枠に縛られず

 分かり易さと勧善懲悪的爽快感を追い求める姿が心地良い本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「巨盗団全滅」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント