映画に感謝を捧ぐ! 「エイリアン vs アバター」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はルイス・ショーンバーン監督の「エイリアン vs アバター」に

 感謝を捧げようと思います。


エイリアン vs アバター LBX-607 [DVD]
ARC
2012-05-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 地球外生命体の抗争に巻き込まれた地球人たちの

 運命を描いた本作は

 SF映画史上屈指の「混ぜ合わせ感」に溢れた大珍作であります。

 「エイリアン」・「アバター」に便乗しつつ
 
 「プレデター+山系ホラー+ロボット系SF」へと向かっていく

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に、知名度のあるSF映画と1980年代ホラー風味を

 融合させることによって生じる科学反応と

 大作&話題作の小規模映画業界的活用法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (モンスター映画的ハッピー・エンドの後に

 「クリッター調」へと転じる幕切れとなっている点も

 見逃せません。)

 まさに「マニア系モンスター映画」の歴史に輝く

 豪快&笑撃作であると言えるでしょう。

 映画業界の潮流を嗅ぎとり、有効活用する知略

 節約+省力化の極限に挑むダイエット&倹約精神

 軽量級SF&ホラーにありがちな状況を的確に押さえ

 コンパクトにまとめ上げる編集術

 安物感満載の内容を大作的装飾によって補う

 ハッタリ精神に彩られた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「エイリアン vs アバター」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント