映画に感謝を捧ぐ! 「ベルリンの悪魔」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はシャーマン・スコット監督の「ベルリンの悪魔」に

 感謝を捧げようと思います。





 第2次大戦期のベルリンで反ナチス活動を行う

 人々の運命を描いた本作は

 軽量さの中に様々な技巧&特性を宿す戦争映画であります。

 庶民的ムードと英雄的ムード、娯楽性と宣伝映像性

 効率主義とスリル&サスペンスを生成する映画技法が融合した

 ストーリー&演出は

 私に「作劇&映像技的ダイエット法」と
 
 「アクション&サスペンス映画的宣伝映像戦術」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (アメリカ映画的ハッピー・エンドの形態を取りながら

 当時の国際情勢&映画事情を写し出す幕切れとなっている点も

 見逃せません。)

 まさに「反ナチス宣伝系軽量級戦争映画」の

 一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 暇つぶし映画規模のスケール感でありながら

 後年の戦争映画に様々な影響を与えた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

"映画に感謝を捧ぐ! 「ベルリンの悪魔」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント