映画に感謝を捧ぐ! 「猿の復讐 ISLAND OF THE APES」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はヨルグ・イーレ監督の「猿の復讐 ISLAND OF THE APES」に

 感謝を捧げようと思います。


猿の復讐 ISLAND OF THE APES [DVD]
トランスフォーマー 
2012-04-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 謎の島に漂流した男女5人の運命を描いた本作は

 凄まじいほどの「お祭り感覚」に包まれたモンスター映画であります。

 冒険映画、青春映画、モンスター映画にありがちな状況を網羅し

 論理性&物語性の枷を外し

 謎めいた雰囲気&見世物的残酷描写と

 アトラクション的モンスター造形を追い求めるストーリー&演出は

 私に「目先の状況に酔い続ける」感覚と

 その時代を飾る「娯楽文化」の潮流に乗り続ける作劇法の醍醐味を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (謎の解明&後日談を放棄し「不吉さ」だけを残し続ける幕切れが

 小規模映画業界の苦悩&本能を体現している点も見逃せません。)

 まさに「日帰りイベント系モンスター映画」の一翼を担う

 怪作であると言えるでしょう。

 作品の持つ「便乗商品感」を忠実に表現した邦題

 倹約感満載のストーリー展開

 軽量級ホラー風味溢れるキャラクター造形が一堂に会し

 出たとこ勝負精神の赴くままに猛進する事によって

 ある種の「資料性」を持つ軽量級ホラーとなった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

"映画に感謝を捧ぐ! 「猿の復讐 ISLAND OF THE APES」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント