映画に感謝を捧ぐ! 「デイ・アフター・トゥモロー2018」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はニック・ウォーターズ監督の

 「デイ・アフター・トゥモロー2018」に感謝を捧げようと思います。


デイ・アフター・トゥモロー2018 [DVD]
アルバトロス
2018-12-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 氷河期と化した世界を旅する男女の運命を描いた本作は

 貪欲にして大胆なSF映画であります。

 SF映画にありがちな状況を詰め込み

 各種アクション映画要素を導入し

 過去と現在を彷徨いつつも

 暇つぶし規模の枠内に留まり続けるストーリー&演出は

 私に「軽量級SFの法則」の一端と

 単純な物語を映像的に複雑化させる技法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「寒冷=デイ・アフター・トゥモロー」という法則に沿った邦題と

 モンスター映画の定番要素を逆手に取った「どんでん返し」と

 溢れんばかりの「継続願望」に驚かされる幕切れ&エンドロールも見逃せません。)

 まさに「軽量級SF&アクション博覧会」の称号にふさわしい

 大珍作であると言えるでしょう。

 「マトリックス」・「デイ・アフター・トゥモロー」

 M・N・シャマラン関連作の娯楽史における影響力と

 2010年代の大作系米ドラマの気質を体現する本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

"映画に感謝を捧ぐ! 「デイ・アフター・トゥモロー2018」 " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント