映画に感謝を捧ぐ! 「トンネル(1933年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はカーティス・バーンハート監督の「トンネル(1933年版)」に

 感謝を捧げようと思います。


ジャン・ギャバンの世界 第3集 DVD10枚組 ACC-114
株式会社コスミック出版
2017-12-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 アメリカとヨーロッパを繋ぐ海底トンネル建設に

 人生を賭ける男たちの運命を描いた本作は

 驚異的なバランス感覚に彩られた労働者映画であります。

 大作的物量攻勢と小規模映画的倹約精神

 アクション+サスペンスと人間模様が

 それぞれの特性を生かし合いながら進行する光景は

 私に「トンネル工事の舞台裏」を映画的に表現する技法と

 娯楽的サービス精神と教訓性による共同戦線の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ハッピー・エンドの形態を取りつつも

 犠牲となった人々に思いをはせる

 渋味の利いた幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「建設系英雄伝」の一翼を担う軽量作であると言えるでしょう。

 効率主義的でありながらも情と迫力に溢れたストーリー&演出によって

 後年の冒険映画、災害映画、サクセス・ストーリーに対する

 「道しるべ」の一つとなった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「トンネル(1933年版)」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント