映画に感謝を捧ぐ! 「ペコス河の復讐」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョセフ・ケイン監督の「ペコス河の復讐」に

 感謝を捧げようと思います。


ジョン・ウェイン ベストコレクション 〈シルバーボックス〉 DVD10枚組 ACC-123
株式会社コスミック出版
2018-04-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 弁護士「ジョン・クレイバーン」と彼を取り巻く人々の
 
 運命を描いた本作は

 優等生的でありながらも実験的な西部劇であります。

 正統派西部劇の法則に沿いながら
  
 「弁護士活動とガン・アクション、個人的復讐と集団戦を組み合わせる」という

 実験を行うという試みは

 私に「法治主義と武闘主義のせめぎ合い」

 「武力&経済的支配体制の作り方」を西部劇的に表現する技法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (アクション映画的ハッピー・エンドと平和&秩序への思いが

 絡み合う幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「実験入り量産型西部劇」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 復讐系西部劇の王道を的確に押さえ

 暇つぶし規模のスケール感&スピード感を保ちつつ

 「法&秩序と武力、経済と自然の関係」を写し出す本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「ペコス河の復讐」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント