映画に感謝を捧ぐ! 「最後の一人まで」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。
 
 今回はヘンリー・ハサウェイ監督の「最後の一人まで」に

 感謝を捧げようと思います。


西部劇 パーフェクトコレクション ガンスモーク DVD10枚組 ACC-097
株式会社コスミック出版
2017-05-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 ヘイデン家とコルビー家による抗争の日々を描いた本作は

 軽量でありながらも葛藤に満ちた西部劇であります。

 法治主義と武力主義、ロマンスと西部劇アクション

 勧善懲悪と反戦メッセージの間で揺れ動く

 ストーリー&演出は

 私に「西部劇の王道」に対する皮肉と

 「メッセージ性と娯楽的サービス精神のせめぎ合い」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (アクション映画と恋愛映画のハッピー・エンドを

 豪快且つクールにつなぎ合わせたかのような

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「軽量級抗争西部劇」史上屈指の
 
 異色作であると言えるでしょう。

 軽量級西部劇ならではの効率主義&見せ場主義と

 復讐西部劇的発想に対する警鐘が

 複雑に絡み合う本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。 
 

" 映画に感謝を捧ぐ! 「最後の一人まで」 " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント