映画に感謝を捧ぐ! 「生体兵器 アトミックジョーズ」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はダニエル・グロドニック監督の「生体兵器 アトミックジョーズ」に

 感謝を捧げようと思います。


生体兵器アトミックジョーズ [DVD]
ARC
2009-11-24
デディー・ファイファー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 政府の極秘計画「青い悪魔」に関わる

 人々の運命を描いた本作は
 
 サメ映画史上屈指の「笑撃性」を目指して突き進む

 世紀の珍作であります。

 サメ映画&モンスター系SFの定番に即しつつ

 穏健&ユーモラスに進行するストーリー&演出

 陽気な色彩、節約感溢れるサメ造形が一体となる光景は

 私に、サメ映画の持つ喜劇的可能性と

 大作映画的状況の小規模映画的加工術の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (格好良さと滑稽さが絡み合う「悪漢&サメの最期」も見逃せません。)

 まさに「SF系サメ喜劇」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 「遺伝子操作で改造されたサメの暴走&軍幹部による陰謀に立ち向かう」

 というシリアスな状況を

 残酷描写や殺人場面を抑制し、ユーモア重視で描くという

 大胆不敵な実験に挑んだ本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

"映画に感謝を捧ぐ! 「生体兵器 アトミックジョーズ」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント