映画に感謝を捧ぐ! 「メンフィス・ベル(1944年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はウィリアム・ワイラー監督の

 「メンフィス・ベル(1944年版)」に感謝を捧げようと思います。


メンフィス・ベル (戦略爆撃機B-17) CCP-189 [DVD]
株式会社コスミック出版
2012-03-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 アメリカ軍の爆撃機「B17F(メンフィス・ベル)」の軍事作戦に関する

 一部を記録した本作は

 1990年の映画「メンフィス・ベル」の根源となる記録映像であります。

 観光旅行感覚で「軍事作戦」を語るクールさ

 軍用機に対しても「ユーモア」を欠かさない喜劇的執念

 宣伝臭を感じさせないように抑制しながら

 「アメリカ軍の正義」を掲げる知略

 残酷な部分を巧みに抽象化する編集術が一体となる光景は

 私に「アメリカ的第2次大戦認識」・「軍事的情報戦術」

 「飛行機が歴史に与えた影響」の一端を目の当たりにする機会をもたらしました。

 まさに「空軍&戦意高揚映像入門」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 アメリカ映画界の持つ「娯楽化能力&撮影テクノロジー」と

 アメリカ空軍の共同戦線によって語られる「戦争」を通じて

 「歴史は勝者によって編集される」という非情な現実と

 アメリカ社会に潜む「怪物的ユーモア&エンターテインメント精神」を写し出す本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「メンフィス・ベル(1944年版)」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント