映画に感謝を捧ぐ! 「ガンスモーク(1953年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はネイサン・ジュラン監督の「ガンスモーク(1953年版)」に

 感謝を捧げようと思います。


ガンスモーク [DVD]
ブロードウェイ
2016-01-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 ガンマンから牧場主となった男「レフ・キトリッジ」の

 運命を描いた本作は

 優等生的でありながらも豪快な西部劇であります。

 娯楽西部劇にありがちな要素を的確に押さえる堅実さ

 ストーリーの強引さをスピード感によって覆い隠す知略

 暇つぶし規模の枠内で人間関係を二転三転させる大胆さが

 一体となる光景は

 私に「暴力と人情の出会いがもたらす科学反応」と

 「ワンマン・ヒーローと集団抗争劇を共存させる手法」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (アクション・ヒーロー的武勇よりも男気&ロマンスを重んじる

 決着の付け方となっている点も見逃せません。)

 まさに「武闘派癒し系西部劇」の一翼を担う
 
 作品であると言えるでしょう。

 極道と正義漢、量産型西部劇的サービス精神と実験精神が

 軽やかに混ざり合う本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

"映画に感謝を捧ぐ! 「ガンスモーク(1953年版)」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント