映画に感謝を捧ぐ! 「無謀な瞬間」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はマックス・オフュルス監督の「無謀な瞬間」に

 感謝を捧げようと思います。





 娘を守るために奮闘する主婦「ルシア・ハーパー」と

 彼女を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 庶民性と極道性が交錯する巻き込まれ映画であります。

 娘の罪を隠蔽するため「犯罪の底なし沼」へと落ちていくヒロインと

 彼女の家族愛&執念に感化されていく悪漢の姿を

 サスペンス風味とホームドラマ風味を融合させながら描いていくという試みは

 私に「日常に潜む犯罪誘発要素」と「愛情が人間に与える影響」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ハッピー・エンドの爽快感よりも

 運命のブラック・ユーモア性&男の無器用な愛が印象深い

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「日常系犯罪劇」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であるといえるでしょう。

 効率的&見せ場主義的に進行しつつも

 人情味を感じさせるストーリー&演出によって

 愛と良心の間で揺れ動く女性たちの思いに迫る本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「無謀な瞬間」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント