映画に感謝を捧ぐ! 「サンタのオモチャ工房」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はウィルフレッド・ジャクソン監督の

 「サンタのオモチャ工房」に感謝を捧げようと思います。


赤ずきんちゃん AAM-301 [DVD]
ARC
2013-04-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 クリスマス・プレゼントを準備するサンタクロースと仲間たちの

 運命を描いた本作は

 クリスマス愛とミュージカル的サービス精神に

 彩られたアニメーション映画であります。

 陽気な音楽、挿入歌風台詞回し、見せ場主義的作劇法

 舞踏風動作の限りを尽くして

 「クリスマス・イブのサンタクロース事情」を描くという試みは

 私に「クリスマスへの愛情表現」・「喜劇的労働描写」

 「舞台技術とアニメーション技術の共同戦線」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「高揚感を保ちながら終幕を迎える」よう配慮された
 
 明るくも生真面目な幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「軽量級クリスマス・ミュージカル」の雄と

 呼ぶにふさわしい作品であると言えるでしょう。

 「サンタクロースの舞台裏」「オモチャ作りの過程」に対する喜劇的解釈と

 童話&舞台的サービス精神の赴くままに突き進む本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「サンタのオモチャ工房」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント