映画に感謝を捧ぐ! 「ウルトラ小鴨」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はテックス・アヴェリー監督の「ウルトラ小鴨」に

 感謝を捧げようと思います。





 猟犬コンビと小鴨の運命を描いた本作は

 王道的にして奇策的なアニメーション映画であります。

 サイレント喜劇的な追いかけっこ描写に

 映像史とギャグ漫画的アイデアを加えることによって
 
 生を受けたストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「逃亡アクション」と「ドタバタ喜劇」の秘めたる近似性と

 「ハンティングの凶暴性&麻薬性」を喜劇的に表現する技法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (暴力的でありながらも生真面目な「猟犬コンビ」の姿に

 心和まされる幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「喜劇的映像史&ハンティング入門」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 「トムとジェリー」シリーズの流れを汲む鬼ごっこに

 ハンターの宿命、スポーツ的ルール遵守精神、冒険活劇気質

 漫才的やりとりを加えることによって生じる

 科学反応を満喫させてくれた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。 

"映画に感謝を捧ぐ! 「ウルトラ小鴨」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント