映画に感謝を捧ぐ! 「サンアンジェロの鐘」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はウィリアム・ウィットニー監督の「サンアンジェロの鐘」に

 感謝を捧げようと思います。





 国境監視員「ロイ・ロジャース」と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は
 
 陽性の「舞台的サービス精神」に満ちあふれた西部劇であります。
 
 「国境を利用した犯罪」という題材

 西部劇ヒーローR・ロジャース&愛馬トリッカーの魅力

 西部劇の王道に即したアクション、コンサート的発想を

 融合させる事によって生じる科学反応は

 私に「スターの持ち味」を最大限に引き出すことを

 目的とした娯楽作品の醍醐味と

 シリアスとコメディを結ぶ「絆」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (アクションとコメディのハッピー・エンドが絡み合う

 「決着の付け方」となっている点も見逃せません。)

 まさに「スター主義系ミュージカル西部劇」の一翼を担う

 豪快作であると言えるでしょう。

 映画における「スター」の効能

 後年の「007シリーズ」に通じる緩やか系悪漢の魅力
 
 舞台芸と映画、物語と現実の複雑な関係を体現する本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「サンアンジェロの鐘」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント