映画に感謝を捧ぐ! 「ザ・タンク」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。
 
 今回はケリー・マディソン監督の「ザ・タンク」に

 感謝を捧げようと思います。


ザ・タンク [DVD]
ブロードウェイ
2018-06-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



 火星探査のために集められた

 宇宙飛行士チームの運命を描いた本作は

 映画技法的チームワークで勝負するSF映画であります。

 強引且つ淡々と進む映像&物語を

 記録映像方式、回想場面の有効活用

 ストーリー展開の効率化によって補強するという試みは

 私に閉塞感溢れる状況に「娯楽的魅力」を与えようと

 奮闘する人々の勇姿と

 閉鎖系サスペンスと宇宙系SFを結ぶ「絆」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (神秘的且つ情のあるハッピー・エンドによって

 様々な問題を隠蔽する幕切れを通じて

 組織的情報戦術の一端を世に示している点も見逃せません。)

 まさに「空間限定型+記録映像風SF」の一翼を担う
 
 作品であると言えるでしょう。

 SF要素、災害映画要素、ドキュメンタリー要素が

 静かに絡み合う本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「ザ・タンク」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント