映画に感謝を捧ぐ! 「ナイルの妖女クレオパトラ」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はウィリアム・キャッスル監督の
 
 「ナイルの妖女クレオパトラ」に感謝を捧げようと思います。





 ローマ帝国の執政官「アントニー」と

 エジプトの女王「クレオパトラ」の生涯をもとにして

 1953年に作られた本作は

 実話系映画史上屈指の「大衆食堂的サービス精神」に

 彩られた作品であります。

 史劇的スケール感&教材性を抑制し

 剣劇+特撮アクション、ロマンス、見世物的装飾に重きを置いた

 ストーリー&演出が軽やかに進行する光景は

 私に歴史の持つ「俗物性」に着目し有効活用する戦術と

 歴史大作要素と暇つぶし映画的効率主義による

 共同戦線の一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (残酷性&悲劇性を緩和することによって

 渋味の利いた幕切れを生成している点も見逃せません。)

 まさに「軽量級史劇」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 W・キャッスル監督ならではの「見世物小屋的魅力」と

 古代のローマ&エジプトの持つ壮大さ+妖しさが

 融合することによって生を受けた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「ナイルの妖女クレオパトラ」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント