映画に感謝を捧ぐ! 「我らの海兵隊」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はルイ・J・ガスニエ監督の「我らの海兵隊」に

 感謝を捧げようと思います。

戦争映画 パーフェクトコレクション 死闘の最前線 DVD10枚組 ACC-157
戦争映画 パーフェクトコレクション 死闘の最前線 DVD10枚組 ACC-157

 米軍海兵隊の整備士「ジュニア&シンガポール」と

 軍事機密を狙う一派の運命を描いた本作は

 笑いと陰謀が渦巻く異色の軍隊映画であります。

 スパイ活劇風味溢れる敵組織と

 ラブ・コメディ感覚の主人公&上官たちとの闘いを

 西部劇、サスペンス、ドタバタ喜劇の手法を

 組み合わせながら描いていくストーリー&演出は

 私に「運命のブラック・ユーモア性」を映画的に表現する技法と
 
 「殺人に依存しないスリル&サスペンス生成術」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。
 
 (効率主義とハッピー・エンド主義の融合によって

 ある種の「現実感」を持った幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「軍事系陰謀喜劇」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 「海兵隊Vsスパイ」というシリアスな題材を

 軽快且つユーモラスな物語に仕立て上げる喜劇力に圧倒される本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

" 映画に感謝を捧ぐ! 「我らの海兵隊」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント