映画に感謝を捧ぐ! 「挑戦者(1952年版)」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョセフ・ペヴニー監督の「挑戦者(1952年版)」に

 感謝を捧げようと思います。

ボクシング映画 コレクション リングに賭けろ ACC-154 [DVD]
ボクシング映画 コレクション リングに賭けろ ACC-154 [DVD]

 新人ボクサー「ポール・キャラン」と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は
 
 軽量な外見の中に生真面目さ&勇気を宿すスポーツ映画であります。

 「美男美女のロマンス+ボクサーのサクセス・ストーリー」の

 装飾を纏いながら

 身体障害者と社会との関係、スポーツ・ビジネスの暗部

 新しい環境を受け入れることの難しさを世に示した
 
 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に、暇つぶし映画的サービス精神&スター主義と

 社会派的メッセージによる平和的共存の一形態と

 スポーツ映画の持つ「可能性」の一端を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「二転三転するハッピー・エンド」と呼びたくなるような幕切れを通じて

 人生の複雑さ&愛情の力を世に示した

 作品であるという点も見逃せません。)

 まさに「人情系+過激派スポーツ映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 効率主義的見せ方、文学&教訓性

 スポーツ系サクセス・ストーリーの爽快感が融合した本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

"映画に感謝を捧ぐ! 「挑戦者(1952年版)」 " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント