映画に感謝を捧ぐ! 「歩道の終わる所」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はオットー・プレミンジャー監督の

 「歩道の終わる所」に感謝を捧げようと思います。

歩道の終わる所 [DVD]
歩道の終わる所 [DVD]

 ウィリアム・L・スチュアートの小説

 「Where the Sidewalk Ends」をもとにして作られた本作は

 様々な葛藤に彩られた刑事映画であります。

 正義漢と内なる暴力性、サスペンスとロマンス

 娯楽性とメッセージ性が静かにせめぎ合う

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「理性的な正義」を貫くことの難しさを

 映画的に表現する手法と

 娯楽的サービス精神、過激派精神、社会派精神による

 平和的共存の一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。
 
 (勝てば官軍的的ハッピー・エンドに溺れず、自らの罪に向き合う

 生真面目な幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「犯罪サスペンス型正義論」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 犯罪組織&自らの出生に対する怒り

 自己防衛本能、罪悪感の間で揺れ動く刑事を通じて

 正義と狂気の秘めたる近似性に迫る本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

"映画に感謝を捧ぐ! 「歩道の終わる所」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント