テーマ:クリント・イーストウッド

 映画に感謝を捧ぐ! 「ダーティハリー」

 映画感謝人GHMです。  今回はドン・シーゲル監督の「ダーティハリー」に    感謝を捧げようと思います。    C・イーストウッド扮するハリー・キャラハン刑事の  活躍を描いた人気シリーズの1作目となる本作は  迫力と哀愁に満ちた刑事アクション映画であります。  「西部開拓時代」の魂を持ちなが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画に感謝を捧ぐ! 「ブラッド・ワーク」

 映画感謝人GHMです。  今回はクリント・イーストウッド監督・主演の「ブラッド・ワーク」に  感謝を捧げようと思います。    マイケル・コナリーの小説「我が心臓の痛み」を  もとにして作られた本作は  運命の力を感じさせる「異色の敵討ち映画」であります。  凶悪犯によって脳死状態にされた被害…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 映画に感謝を捧ぐ! 「ファイヤーフォックス」

  映画感謝人GHMです。  今回はクリント・イーストウッド監督・主演の「ファイヤーフォックス」に    感謝を捧げようと思います。    クレイグ・トーマスの小説「ファイアフォックス」をもとにして作られた本作は  東西冷戦時代のアメリカ映画界を象徴する作品であります。  本作全体を覆う  「ソ連…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画に感謝を捧ぐ! 「スペース・カウボーイ」

 映画感謝人GHMです。  今回はクリント・イーストウッド監督・主演の「スペース・カウボーイ」に  感謝を捧げようと思います。    故障した通信衛星の地球落下を食い止めるため  宇宙へと旅立つ元パイロット・チームの姿を描いた本作は  出演者・スタッフのエネルギーに満ちあふれた  脅威のSF映画…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画に感謝を捧ぐ! 「荒野の用心棒」

 映画感謝人GHMです。  今回はセルジオ・レオーネ監督の「荒野の用心棒」に  感謝を捧げようと思います。    1961年の日本映画「用心棒」をもとにして作られた本作は  登場人物の「顔」を生かした人物像と  心地良い音楽に魅了される作品であります。  特に「豪傑」の如き雰囲気と  知略…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 映画に感謝を捧ぐ! 「ガントレット」

 映画感謝人GHMです。  今回はクリント・イーストウッド監督・主演の「ガントレット」に  感謝を捧げようと思います。    警官隊や殺し屋に追われながら  証人輸送を行う刑事の姿を描いた本作は  これまでのC・イーストウッド主演作とは一味違う魅力を持った  作品であります。  圧倒的な迫…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

 映画に感謝を捧ぐ! 「バード」

 映画感謝人GHMです。  今回はクリント・イーストウッド監督の「バード」に感謝を捧げようと思います。      実在のアルトサックス奏者チャーリー・パーカー氏の生涯を描いた本作は  芸道に生きる者の光と影を余すところなく描いた名作であります。  愛する音楽に身も心も捧げ、栄光と破滅の道を進んでいくパーカー氏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画に感謝を捧ぐ! 「ザ・シークレット・サービス」

 映画感謝人GHMです。  今回はウォルフガング・ペーターセン監督の「ザ・シークレット・サービス」に  感謝を捧げようと思います。    クリント・イーストウッド扮するシークレット・サービスと  大統領暗殺を企む男との闘いを描いた本作は  これまでのC・イーストウッド主演作とは一味違う彼の魅力を …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 映画に感謝を捧ぐ! 「インビクタス・負けざる者たち」

 映画感謝人GHMです。  100回目の感謝となる今回は  クリント・イーストウッド監督の「インビクタス・負けざる者たち」に  感謝を捧げようと思います。    1995年のラグビー・ワールドカップにおいて優勝を勝ち取った    南アフリカチームと彼らを支え、希望を託した人々を描いた本作は  過去…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

 映画に感謝を捧ぐ! 「許されざる者(92年)」

 映画感謝人GHMです。  今回はクリント・イーストウッド監督・主演作「許されざる者(92年)」に  感謝を捧げたいです。     本作は私にとって「西部劇初体験」となる  記念すべき一作です。  最初のうちはとっつきにくさを感じることもありましたが  物語が進むにつれ監督の「西部劇に対する二つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more